牡牛座の太陽の輝かせ方その1

こんにちは^^
星読み修行中ヒプノセラピストの、小川智子です。

今日は、牡牛座に太陽を持つ方が、「本来のわたし」である「太陽」を、どのような方向で輝かせるのがいいのか。

その話をしたいと思います。

音声で聞き流す方がいいという方は、下の音声ファイルをクリックしてお聞きくださいね!

音声配信:牡牛座の4月21日から4月30日生まれの方へ

↓↓こちらから音声をお聞きください↓↓

牡牛座とはどんな星座?

現代の占星術の基礎は、実に紀元前数千年前の古代文明にまでさかのぼります。

チグリス・ユーフラテス川のあいだに栄えた古代バビロニアでは、牡牛が大地を耕すようすから、大地の恵みの豊かさをこの星座生まれの方たちにあてはめました。

牡牛座生まれの方は、金星の加護を受けていますので、この星座生まれの方たちは、とても五感が発達しています。

美味しいものがわかる。美しいものがわかる。心地よい肌触りのものや
いい香りなど、本物がわかるし、本物があると心地よく人生を過ごせる方たちなのです。

牡牛座の支配星は金星ですが、牡牛座の期間の最初の10日間に生まれた方は、牡牛座のなかでも金星の影響を二重にうけることになります。

4月21日から4月30日生まれの方

この時期に生まれた方たちは、おっとりとして、愛情ふかく、芸術を愛することを根本にもって生まれてきました。

ゆったりとしたペースで、着実に、安定性のある人生を送る方たちです。

ご自分のなかをゆっくりと探って、あなたの中の牡牛座的要素をじっくりと味わってみてください。

「ああ!」ともし納得する部分があれば、その部分をもっともっと伸ばしていってください。

西洋占星術では、「太陽」は持って生まれたその人の本質そのものを表しますが、それは自分が人生のなかで伸ばしていかないと獲得することができないと考えます。

太陽を獲得して、いい人生を送っていきましょう。