変化の波に乗っていくこと

こんにちは^^ tomokoです。

アフターコロナ。withコロナの時代という言葉が定着した感がありますね。

コロナのもたらした変化は、強烈ですね。

もう20年も前のことです。

当時もすでにインターネットがありましたので、フリーランスで仕事をしていた夫は、選挙の街頭演説をネットで配信すればいいのにと言っていました。

彼は夜型生活で昼間寝ていたため、自宅近くでの演説や選挙カーに安眠を妨害されると憤っていました。

当時私は、「それも極端な意見だわ。夜起きて昼間寝るあなたの生活パターンも普通じゃないし。。」という気持ちを持っていました。

でも、体調が悪く寝込んでいる方や、夜勤勤務の方など、さまざまな方がそれぞれに暮らしているのです。

街頭演説は良いのですが、スピーカーの音量がちょっと大きすぎるなとは感じていました。

ところがコロナにより、今回の都知事選挙では、街頭演説をネットで配信することが、非常に配慮にあふれた「善」なる行動のような印象で行われていますよね。

一気に「常識」が変化したことに驚いています。

オンライン化、オンライン化という言葉も、「善」のニュアンスがあります。

20年前には直接会わずネットで済ますような繋がりに、心理的な抵抗が大きかったことが、コロナで一気に「善」になったことを思うと、いったい、「コロナって何なのだろう?」という不思議な感覚にも陥ります。

方向性はあったとしても、まだあと20年かかったかもしれない、社会のゆるやかな変化が、コロナという存在で、一気に転換していく感じがしています。

社会の構造そのものが、がらがらと変化しているのです。

今日、県をまたぐ国内移動が全面解禁になりました。

ただこれも、どのようになっていくのか、とても興味があります。

大手企業のトップの方が、「これまで直接行かないと失礼にあたるため出張していたが、コロナにより、オンラインで仕事を進めることが失礼ではなくなった。これまで移動に費やしてきた時間をなくすことができた」と発言されていました。

10回出張していたところ、オンラインの利用で1回ですむのなら、移動にかかる費用が削減できるだけでなく、なにより大切な「時間」を確保できるのですから、企業のトップの決断は、おのずと明らかだと思います。

新幹線の乗車率がどうなるのか、ビジネスマンの動きがどうなるのか、とても興味があります。

とにもかくにも、時代の変化にのって生きていこうと思っています。