手帳に書くと願いが叶うという話

こんにちは^^
ヒプノサポーターのtomokoです。

今日ふと思い、こんなツイートをしてみました。

https://twitter.com/delfiore9/status/1322145407078600705?s=20

よくありますよね?

「手帳に書けばすべてのことが叶う」という本など。

以前の私は、そうなりたくて、例年この時期には、
あれこれと真剣に、手帳を選んでいました。

そうして、「こんな未来にしたい」というイメージを
書こうとするのですが、

そのイメージがなかなか湧いてこないのです。

どうして?

と、心の中を見つめると

「のぞみを書くことに、ためらいがある自分」

がそこに、います。

「手帳に書けばすべてが叶う」という方は、

望みを書いているからですよね?

でも、望みを書き出すこと
「こうなりたい」という自分の姿を、口に出すこと。

そこに、迷いがあったり
それを口にすることに、自分の心の抵抗がある場合

そもそものスタートラインに立てていない

という状況だと、思いませんか?

私はそれに気がついて、とても焦りました。

そうしてなんとか心を落ち着けて、

表面的には「来年はこれを達成して、こうなる」
と書き出せたとしても、

自分の中に

「そんな風になるわけがない」

とか

自分の望みをブロックする自分が、いるのです。

私はこのことにも、とても困りましたし、落ち込みました。

複雑な話と思われるかもしれませんが、

自分の望みをブロックしようとする自分にとっては

ブロックすることが望みなのです^^

ですから、「出来ない自分をキープする」状態にしていることは

望みをブロックしたい自分にとっては、大成功な状態なわけです。

こういう心の状態で、

では、手帳に未来を書こうとか
自己啓発の書き出しワークをしてみようとか

行動してみることは、大切なのですが

そもそもの状態が、そうであれば余計に

「書いてみても叶わなかった」

といった体験が積み重なり、暗いループに入ってしまう可能性があります。

というより、私がそうでした^^

このあたりが、私にとってのとても大きなテーマで

乗り越えたからこそこうやっていま、ブログを書けるようになったのです。

このお話はまた、すこしづつ書いていこうと思います。