プロフィール

プロフィール

*公式LINEをはじめましたので、あらためて自己紹介します*

星読みヒプノセラピスト

こんにちは。星読みヒプノセラピストの小川智子です。

私はいま50代。

人生100年の時代に、生き方を見つめなおした結果、第二の人生としてヒプノセラピーとホロスコープリーディングで、社会とのかかわりを持ちづつけようと思っています。

ヒプノセラピーは、人生のなかで絡まってしまった感情や、心のブロックの解放にとても役にたつセラピーです。

そして生まれた時の惑星の配置である、ホロスコープは、その人の人生の目的が書いてありますので、読み解くと、自分理解にとても役に立ちます。

これらを、生き方リセットや心のリフレッシュをしたい方に提供していきたいと思っています。

なぜかというと、私はこの二つで、第二の人生に迷いなく進むことが出来るようになったからです。

ヒプノセラピーとホロスコープリーディングは、どちらも「自分を理解する」ことに役立ちます。

アラフィフともなりますと、残された人生の時間を有意義に使いたい。そう考えた時、「自分を理解する」ことがどれだけより充実した第二の人生を歩む力となるでしょうか。

トラブル続きの40代

そんな私も、40代はトラブル続きで人生の荒波をかぶっていました。

仕事も、健康も、夫婦関係もトラブルばかりで、途方に暮れることも多く、それでも生きていかなくてはならず、出口が見えない暗闇のなかにいるようでした。

なんとか人生を立て直したくて、自己啓発の本もあれもこれも、読みました。著者の方のパワーに触れたくて、講演会にも行きました。各種ワークにも参加しましたし、スピリチュアル系の講座にも参加しました。

どれにも良い点があり、どれにも学ぶことがあり、どれにも素晴らしいことがありました。

が、最後の最後の心のブロックがどうしても外れずに、一歩前に進むことが出来なくて困っていました。

なぜなら40代後半になっていた私には、50代からは人生のラストに向けて、より自分らしく、より納得できる生き方を始めたいと強く願っていたからです。

ヒプノセラピーがきっかけになったこと

そんな時にであった、ヒプノセラピーのセッションは、私の最後の最後のブロックを、見事に解除してくれたのです。

願いが叶うのは、どうしてでしょうか?

それは、「行動するから」なんですね。願いを想像するだけでは変わりません。

私はヒプノセラピーのセッションのあと、自分で作り上げていた心のブロックを外すことが出来て、自分の望む方向に一歩、踏み出すことが出来たのです。

これはすごい!

と、私は夢中になり、自分も提供出来る側になって同じような方のお役に立ちたいと、全力でヒプノセラピーを学び始めました。

子供時代のこと

私は東京生まれ。父方の祖父母と一緒に暮らしていました。

小学生時代は父が仕事でブラジルに転勤になり、サンパウロで過ごしました。サンパウロはイタリア系の移民の方がとても多い街で、南米の香りとヨーロッパの香りがする独特の街でした。

インターネットのある今と違い、私がブラジルにいたころは、日本の情報は貴重でした。航空便の手紙も1週間ぐらい届くのにかかりましたし、祖父母が送ってくれる日本の食べ物や本は、船便で届くのに3か月かかりました。

日本語の本が読みたくて、持っていた本は暗記するほど読みましたし、父の持っていた書物もずいぶん読みました。

そうこうするうちに、自分で小説を書くようになりました。イメージを言葉にすることが大好きでしたし、イメージもとても豊かでした。なぜかと考えた時、ブラジルでの生活には、当時、テレビがなかったからかもしれないと思います。

この子供時代のイメージの豊かさは、今現在、ヒプノセラピストとしての活動に、とても役に立っているように思います。

結婚して精神的自立ができたころ

25才で結婚したのですが、29歳の時、夫がシンガポールに転勤になりました。それは長女の出産と同じタイミングでした。

初めての子育て。そして海外での子育て。誰も知らない土地での生活のスタート。私は自分がやっと自立できたように感じました。占星術でいうとちょうどこの時期は「太陽を獲得する」時期でもあります。

広がる世界

そのあたりをきっかけに、どんどん私の世界は広がっていきました。

子育てをしながら、ウォルドルフ教育のルドルフ・シュタイナーの考えに興味を持ちました。アロマテラピーやベビーマッサージにホメオパシー、フラワーエッセンスやカラーセラピーを生活に取り入れたりしはじめました。

もともと子供の時から、ホロスコープやタロット、夢見や古代文明などに興味があったことから、2012年のアセンションブームのころ、スピリチュアルにも深く関わりました。

今現在は、そのようなエッセンスは私の中ではかなり少なくなっていますが、そのような時期があったこともまた、いまのヒプノセラピーの仕事に役立っているように感じます。

ホロスコープとの出会い

子供の頃は伝説の占い雑誌「My Birthday」を愛読していました。タロットも好きでした。でも当時はホロスコープを読むのは難しく、それきりになっていました。

それが数年前に、YouTubeでマドモアゼル愛先生のチャンネルを発見して、びっくり!そしてホロスコープへの興味が再燃したところ、いまネットで手軽にホロスコープが出せることに感動!

マドモアゼル愛先生の講座を受けて、ホロスコープが読めるようになり、改めて自分の星を読んだところ、ヒプノセラピーやホロスコープリーディングをしてくことが、私の太陽を輝かせる道だとそこに書いてあったんです。

おかげさまで迷いなくいま、この道に進んでいます。

ヒプノセラピーとホロスコープリーディングで、人生の見直しをしていきたいから、リセットしたい方に、全力で出来ることをさせていただきたいと思っています。