ファーストステップ~太陽星座への道

満月

こんにちは。
星読みヒプノセラピストの
小川智子です。

私は今、
星読みをさせていただいたり、
ヒプノセラピーのセッションをすることが

私のハートにカチッとはまり
自分にエネルギーが満ちる仕事であることに

幸せ感を持ちながら生きています。

そんな私にも、
長いトンネルの中にいて
いつ抜け出せるのかわからずに
途方に暮れていた時期がありました。

いまもしあなたが

・いまの自分に違和感を感じながら生きている
・本当に私の人生はこのままでいいのだろうか

そんなもやもやを感じているのなら
私の体験が役に立つかもしれない。

そんな風に想い、昔のことを
書いてみることにしました。

この体験は私が
太陽星座へむかう
人生のファーストステップでした。

長いトンネルの中にいた40代

ちょうど42歳の時でした。

下の子が小学校に入り、パートで事務を始めました。

オーガニックの野菜を扱うベンチャー会社。
全国の農家さんから仕入れた野菜を販売する仕事。

事務とはいえ、少数のメンバーですから
なんでもやりました。

東京ビッグサイトや幕張メッセへの出展。
ネットショップの構築。

新卒で入った会社を退職して以来
10年ぶりに社会に出た私は
仕事が楽しくてたまりませんでした。

打ち込む仕事が出来て家計も助かる。

良いことばかりのはずだったのですが、
なぜか。。。


このあたりから運命の輪が回り始めて
結局、家庭生活は離婚という選択になりました。

さらには、勤めていた会社も
理念ばかりが先に立ち
事業を継続することができなくなってしまい廃業。

仕事も家庭も失った私は、
仲間たちと新しい仕事を立ち上げることになりました。

ところがこの新しい仕事で、行き違いが発生。

結局この仕事もなくなりましたが、
この時期の人間関係のトラブルで

その後3年もの長いあいだ私は
裁判に関わることになってしまったのです。

幸せでのんびりとした子供時代からは
想像もしない、人生のエアポケットに

いつのまにか私の人生は入ってしまっていました。

自分を責めていた時期

私の父親は大手の会社に勤めていました。
海外出張も多く、私も子供の頃は海外で育ちました。

父親の親戚もみな、会社名を言えば
誰でも知っているような会社に勤めており

私の弟や妹、いとこたちもそんな感じでした。

不自由なくのんびりと育ってきた私にとって
実家から遠く離れた場所で
離婚したり、勤めていた会社がなくなったり
さらには裁判に巻き込まれる

そんなことは、親戚中でも私だけ
どうしてこんなことになったんだろう?

自分という存在に価値が見いだせなくなり

離れ離れで暮らすことになった、子供たちへの罪悪感
期待に沿えなかったという、親への罪悪感

そんな気持ちに押しつぶされそうな日々。

それでも新しい仕事を見つけて生きていましたが
自分を責める気持ちばかりが心にあって

なにかこう、ハートのあたりに
ぽっかりと空洞がありました。

エネルギーバランスを取り戻したい

それでもなぜか、私の中には
自分を取り戻したい
しっかりと生きていきたい
という心がありました。

人間の基本には、そのような心があると思っています。

ところが一度、途切れてからまってしまった
人生の流れを整えることや

辛い経験のなかで、心にストックされてしまった
さまざまな負の感情を手放すことは

思っている以上に難しかったのです。

人間の脳は「現状を維持するために」働きます。

負のエアポケットに入り込んでしまっていても
脳は良い悪いを判断することは無いので

今現在の状態をキープすることを、
一生懸命しようとします。

心をすっきりさせよう。
明るく生きていこう。
自分なりの人生をさがそう。

と、頭では考えるのですが。
なかなかエアポケットからぬけだすのが難しい。

そんな時期が続きました。

自己啓発の本やワークショップざんまい

当時私は、自己啓発の本をよく読みました。

読むだけでなく、著書の方のパワーを感じたくて
講演会に行ったりもしました。

ワークショップにも行きました。

スピリチュアル系の講座を受けたり
ボディーワークやエネルギーワークもしました。

ファッションを変えてみたり
ウォーキングのレッスンにも通いました。

一進一退を繰り返す私の心。

それでも
なかなか抜け出せない感覚の日々。

抜け出せない、というか
なにかがアンバランスなんです

なにかがしっくりこない。
なにかがピタッとはまらない。

人生に対する納得感がないのです。


もっと前に進みたいのに
どこかにブロックがある。

あと壁一枚突き抜けることが出来たら
どんなにすっきりと生きられるだろう。

そんな葛藤を抱えながらの暮らしの中で

同じような感覚で人生を手探りしていた
いまの夫との出会いもあり、

ふたりでたくさんの話をしたものです。

ヒプノセラピーと西洋占星術

そんな時にふとしたきっかけで受けることになった
ヒプノセラピーのセッション。

これはとても大きな
人生の転換ポイントになりました。

自己啓発の本や講座、ワークショップでは
ある程度の変化はあるのですが、

最後の壁一枚を突き抜けることが出来なかったのですが、

潜在意識にアプローチするヒプノセラピーでは
私は前に進めないという心のブロックを
はずすことができたのです。

そしてタイミングを同じくして
自分のホロスコープを読み始めたこと

これもとても良い経験で
今はライフワークになっているくらいです。

ホロスコープには膨大な情報がありますが
ひとつ読んでは、それに関する出来事を
書き出していく。

そんなひとつひとつ自分の心をたどる
地道なステップを繰り返していきました。

ヒプノセラピストになるための講座も
心を見つめることに役立ちました。

セラピストになるまでの
実技の訓練の時間はとても長いのです。

技術の習得のために何度も何度も私は
自分の心に深く潜る体験をしました

この経験はセラピストとしての
技術の習得であったのと同時に
私の心の深い部分の癒しにもなりました。

私自身が問題を解決したということ

ホロスコープを自分で読むことと、ヒプノセラピー。

このふたつの共通点は

・自分で自分の心を旅する

ということでした。

それまでどれだけ自己啓発の本を読んでも、
ワークショップや講座に行っても

最後の最後の壁一枚を

抜けることが出来なかった。

どうしても最後のブロックがあった。

その理由は、今ならよくわかります。

ためになるお話を聞くことで
得るものはとても大きいです。

けれど、たとえどんなに小さない一歩でも

自分で自分の星を読み、
心の中に旅をしていくこと

そして、ヒプノセラピーで
自分の潜在意識にもぐって
自分の心の中にある答えを見つける旅をすること

という、「自分で答えを見つけること」
「今の自分の人生に納得すること」

が、なによりも大事だったのです。

自分なりの気づきは、アンバランスだった
ハートと体のバランスを整え

この道に進みたいという希望をもたらし

人生を元気づけてくれました。

この時期を一緒に過ごした夫も
私の心が整うにつれて彼も
悩みごとがどんどん開放されていき

いらないものを手放したり
欲しいものを手に入れたりするタイミングが
自然な流れでやってきました

親に反対されることをする

マドモアゼル愛先生の西洋占星術は
シンプルで人間の奥深くの心理に
ストレートに響いてきます。

月に関する新しい理論を出されていますし

このことは大きな学びでした。

西洋占星術の目指すところは
太陽の獲得です。

太陽星座の示すところが
この人生の目指すところ。

その途中で惑わされたり勘違いしたまま
人生を終えることもある。

そんな中で太陽を獲得しようとすれば
それは多くの場合
親や周りに反対されるようなことを
自分なりに貫いた時。

愛先生のこの言葉が、心に響きます。

私は親の護りのもと育ってきましたが
33歳くらいからは、親が反対するような
人生のモードに突入しました。

その結果、上に書いたように
42歳からは大きな負のエアポケットに
はいってしまいました。

でもそれがあったから、
太陽への道に進めたのだと
いまではわかるのです。

すんなりと行けば嬉しいですが
やはり自分なりの人生を生きようとすれば
親や周りとの軋轢はしかたのないことです。

やがて自分の道が開けてくれば
おのずと親や周りも受け入れてくれる時が
くるでしょう。

私の場合も、両親の人生とは
まったく違うレールに沿った生き方を選んだので

あまり理解はされませんでした。

それでも心配はしてくれて
とてもありがたかったです。

そんななかで、もがきながらも
負のエアポケットを抜け出て、、、
というか

その経験があったからこそ
太陽星座を意識する生き方へとシフトしていくことができた。

ここまで書いてきて、なにをお伝えしたいかと言いますと

人は、太陽星座に向かって生きていないとき

なぜか

・私の人生はこれでいいんだろうか?
・ここにいるのは仮の私。本当の私はどこにいるんだろう?
・何かピタッと来ない、私の人生と、自分に違和感を感じる。

といった心境になります。

なぜならホロスコープは人生のブループリント。
生まれる前に私たちの魂が

「今回はこんな感じの人生を生きよう」
とイメージしたものが
ホロスコープという記号になっているからです。

ですから、太陽星座への道がわからずに
迷子になっていると

「道が違いますますよ」

と自分のスピリットが教えてくれているのです。

それが違和感だったり、すっきりしない感覚だったりします。

そしてそれを感じて
軌道を修正しようとするとき。

そこには、身内の反対などの大きな圧力がかかります。

でも、私たちは気づいているから
自分らしさを出していく道をもう
進むしかないのです。

人生の一歩をふみだしたいのに
なかなか踏み出せない。

そんなもどかしさを感じているあなたの気持ちが
私にはとてもよくわかります。

私はライフワークとして
ファーストステップを踏み出したい方への
プログラムを作る夢を持つようになりました。

いまそれを、準備しています。

いつからでも、どんな状況からでも
人生は変わります。

プログラムについてはまた追って

お知らせしていきますね!

星読みとヒプノセラピーを組み合わせた
心の解放プログラムを予定しています。

動画でお話しています