潜在意識にアプローチしてより良い人生を手に入れるセラピー

 

ヒプノセラピーでなにが出来るの?

ヒプノセラピーは、自分で自分の心の中から答えを見つけるセラピーです。

なぜか繰り返し心に湧いてくる感情や、なぜか自己肯定感が低いことに悩んだことはありませんか?

ヒプノセラピーはその問題が最初に起きた時点を潜在意識にアプローチして思い出し、もともとの体験を癒すことで、「今」を生きやすくするセラピーです。

誰にアドバイスされることなく、ご自分の潜在意識の中から答えを見つけるので、とても納得感があります。

ヒプノセラピーは「あなた自身の心に変化をおこす」ことの出来る、とても素敵な方法です。

ヒプノセラピストの役割
ヒプノセラピーは、クライアント様とヒプノセラピストがワンセットで行うセラピーになります。

ヒプノセラピストの役割は、クライアント様に寄り添い、一緒に心の中にもぐって答えを探す旅の、道案内をする存在です。

心の深いところから、望む答えを見つけ出すために、心を込めてナビゲートをするのがヒプノセラピストです。

ヒプノセラピーとは?

ヒプノセラピー(hypnotherapy)とは日本語では「催眠療法」と訳されます。「催眠=hypnosis」と「療法=therapy」をあわせて作られた言葉です。

ヒプノセラピーの歴史は古く、古代エジプトで行われていた記録があるそうです。「眠りの寺院」で僧侶が眠りに誘導して病気を治すことをしていました。無意識に良い暗示を入れていくのです。これは現在行われている「催眠誘導」と似た手法で行っていたようです。

その後この手法はギリシャへ。そしてローマ帝国に伝わり、その流れで欧州へ、そして米国へと広まり、現在まで続いています。当サロンは米国の「米国催眠療法協会(ABH=The American Board of Hypnotherapy)」の手法を学び認定を受けたヒプノセラピストがセッションを行っています。

無意識とは?
私達の心の中は「意識(顕在意識)」と「無意識(潜在意識)」の大きく二つに分かれています。

パソコンで言うと、デスクトップが意識、ハードディスクに格納したたくさんのファイルやOSが無意識とイメージしてください。

意識:無意識は10%:90%ぐらいの比率です。

無意識というものを私達はふだん気にしませんが、私達を動かしているOSとも言えるものです。

私達が「無意識にしてしまう」ことは実は、毎日のなかにたくさんあります。

たとえば、、、、

・いつも同じ道を無意識に歩いて駅まで行き、通勤している。
・いつものコンビニでいつものコーヒーをつい買ってしまう。


上のような行動パターンが無意識にインプットされていますと、私達のOSは私達をそのように動かします。

ここでいうOSとは、私達の「信念」とか「思い込み」「セルフイメージ」といった感覚でとらえていただいて大丈夫です。

上のような行動パターンは、私達のハードディスクに格納されている「ファイル」だと思ってください。

自分のことって、よくわからないのが普通です。

なにか悩みがあったり、もやもやしていても、どうしていいかわからずに、何年もたってしまう方は多いです。

ヒプノセラピーでは無意識の中にあるファイルに何が書かれているか読んでみたり、OSのバージョンを確認したりするような作業をします。すると人生に変化が起こるんですよ。

ヒプノセラピーとは、この「無意識」の部分にアクセスすることで、肯定的な変化を起こそうというセラピーになります。

おもなセッションの内容

 
年齢退行療法 

親に言われたひとことが、現在の自分を制限しているといった事例はたくさんあります。そんな幼い頃のネガティブな体験を癒すことで、「今の自分」が変化してく療法です。

またポジティブな年齢退行セッションも出来ます。

それはこれまでに体験した誇らしい場面を思い出し、今の自分に重ね合わせて「今の自分をパワフルにする」とても元気のでるセッションです。

前世療法

自分でもよく理由のわからない感情や行動パターンに悩むのは、もしかしたら原因は前世の自分にあるのかもしれません。

不思議なことですが、前世を思い出すことで「今の自分」が変化していきます。

ポジティブな前世療法セッションでは、前世での誇らしい人生の場面を思い出し、その時の自分を十分に味わいます。

そのエネルギーを「今の自分」に重ね合わせるとてもパワフルなセッションです。

GIFT ゴールイメーシフォーカシング 

「未来療法」というべきセッションです。「時間」は「過去から未来へ流れる」ものと「未来から現在へと流れる」ものと2方向があります。

すでに目標を達成している「未来の自分」を、まるで映画のようにイメージしてその中に入ってく体験をします。

未来からの時間軸の流れに乗ることで、現在の自分の立ち位置をつかむことが出来ますので、いま行動すべきことがわかり、望む未来に到達します。

◆セッションを受けるメリット◆

・あなたが生まれてきた意味を確信することができます
・こだわりがとれて、人生が楽になります
・過去の傷やインナーチャイルドを癒すことで、前向きになります
・気持ちが変化することで開運していきます

それぞれの人生のタイミングや状況によりますが、ヒプノセラピーのセッションを受けると、心が軽くなる方が多いです。そして、前進する行動力が生まれて、その結果、人生が開けていくケースが多いです。

催眠誘導について

ヒプノセラピーはセラピストがクライアント様を、催眠状態に誘導させていただいて行うセラピーです。

初めての方は「なぜ催眠状態になるの?」と疑問に思いませんか?

少し堅苦しい話になりますが、その理由を説明させてください。なぜかというと、それをご理解いただくことで、セッションの効果が高まるからです。

じつは「催眠」というのは私たちの日常的な状態なんですよ。

・朝起きたばかりでぼーっとしているとき
・夢中で本を読んだり、映画を見て世界に入り込んでいるとき
・高速道路をリラックスして運転しているとき
・通勤や買い物などいつもの道をいつもの通りに歩いているとき

このような、「半分意識がはっきりしているけれど、半分はぼんやりしている感覚のとき」は「催眠のような状態」なんですよ。

催眠というのは「とてもリラックスした状態」なんですよ!

でも、いつもぼーっとしていると、私たちは日常生活が送れません。

信号が赤なら車を停止させますし、起きているときは常に「判断」しています。

私たちが起きているとき、いつもは「意識」と「無意識」ははっきりと分かれていて、無意識にアクセスできないようになっています。

ですが、この「無意識」の部分に、私たちの生まれてから今までのすべての記憶、そして、さらにさかのぼって、前世・過去世といわれる以前の人生の情報が入っていると言われています。

そこにアクセスして情報をとるには、意識と無意識の間にあるフィルターをゆるめて、朝起きぬけでぼーっとしているような状態を作り出さなければなりません。

フィルターをゆるめて無意識にアクセスするには?

・クライアント様は、体をゆるめて、ゆったりとリラックスする
・ヒプノセラピストが言葉で催眠誘導する

このようにすることで、クライアント様はご自分の無意識にアクセスして、幼い頃の記憶や前世・過去世のご自分の記憶を探し出し、悩みの答えを見つけることが出来るのです。

プロフィール

ヒプノセラピスト小川智子

ヒプノセラピスト 小川智子
米国催眠療法協会(ABH =American Board of Hyonotherapy) マスターヒプノティスト

子供時代から瞑想や古代文明、魂の輪廻について興味を持ちつつ、商社の系列会社でOLとして働いたり、有機野菜の会社で販売をしたりしていました。

小学校時代をブラジルのサンパウロで過ごし、長女の出産後はシンガポールで子育てするなど、生活環境が変わるごとに、セルフイメージが変わる経験もしました。

ヒプノセラピーとの出会いは、セルフイメージを変えたかったことがきっかけです。環境が変わらなくても、セッションで大きな心の変化が起きたことに驚き、夢中で学びました。

ヒプノセラピーは、とても心に優しいセラピーです。気がつくと心がほぐれていたり、自分を取り巻く状況が変わっていたりする不思議なセラピーです。

「風の時代」に入り、個人個人がそれぞれの魅力・能力を発揮しつつ、ゆるやかなネットワークで繋がっていく流れになっていくことでしょう。

ますますヒプノセラピーが皆さまのお役に立つと信じています。

名古屋在住。

ポッドキャストで話しています

人生の変化に役立つ、ホロスコープリーディングとヒプノセラピーについての専門番組です。Spotifyでお聴きいただけます。