水星から仕事のしかたを知る

自分の使命や、本当にやりたいことは何だろう?
わたしには、どんな働き方があっているの?
西洋占星術では水星をつかって鑑定することもできます。

西洋占星術での水星のはたらき

太陽系で太陽にいちばん近い星。水星。

水星は西洋占星術では「話す力」「コミュニケーションする能力」をあらわします。

神話の世界の水星

水星は英語でマーキュリー mercury といわれます。

マーキュリーとはローマ神話ではメルクリウスと呼ばれる、商人や旅の守護神です。

ギリシャ神話のヘルメス・使者の神、伝令の神と一緒に考えられています。

ケーリュケイオンという杖を持ち、冥界・地上世界・天界を行き来することができるので、通信や交通の守護神でもあります。


情報化社会の現代で必要な星

言葉を話すこと、情報を伝達することが水星のエネルギーですから、まさにいまのネットでの情報のやりとりは、水星の領域になります。

そしていまや、ネットは仕事の必需品となっていますね。

メールで連絡をとりあうこと。オンラインでの会議。

個人においても言葉をつかったSNSの発信で、お客様とつながっていくこの大事な役割を、水星は担っています。

あなたのホロスコープで、水星の星座やハウスを知ることは、お仕事をしていくうえでの大きなポイントになると思います。

サンプル わたしの水星

わたしの生まれた時のホロスコープで、水星はてんびん座12ハウスというところにあります。

これを読み解くと

てんびん座の水星

優雅で品のあるしゃべりかた。そつのないコミュニケーションが出来る。本音をはっきり言えない傾向。相手のペースに合わせる。

品があるかは聴いてくださっている方のご判断ですが、ポッドキャストで話していますので、聴いていただいて「ふうん。。たしかにてんびん座を感じる」と思う方もいらっしゃるかもしれませんね。

私の話し方、コミュニケーションのしかたは、占星術的にはこのような傾向があると言えます。

そして「相手のペースに合わせる」話し方は、私が行っている1対1のセッションにとても役立っています。

もうひとつ読んでみましょう。

12ハウスの水星

人間心理に対する洞察力。精神的なことへの探求に適性。公の場で話す仕事には向かない。

私の水星は、社会活動のなかでこのように発揮されます。

この二つをまとめると、

人間心理をふかく洞察しながら、相手の方のペースに合わせながら1対1のセッションをする仕事に、とても向いているが、大きな場で講演会をするようなことには向かない。

ということになります。

私は実際にこのようなスタイルの仕事をしています。占星術のセッションをオンラインでもサロンでも1対1でしていますし、相手の方のペースにあわせてのヒアリングは得意です。

しかし、3人以上になると、自分らしさをだすことが上手くできません。

YouTubeもそろそろ再開しようと思いますが、音声のみのポッドキャストが大好きだったりします。

このほか、水星と他の惑星がどのような角度を取っているか、などさらに深く鑑定することもできます。

どうですか?

この水星の情報だけでも「どのような仕事に向くのか」のヒントが満載ですよね。

使命に気がつきたいかた、本当にやりたいことをみつけたい方へ

わたしも長く、自分の適職を探す人生でした。

ですので、占星術の知恵はほんとうに、迷っている方の役に立つと信じています。

オンラインでも、サロンにご来店でも、またお時間がないかたにはメール鑑定もしています。

まずは「わたしはどんなタイプ?」と知るだけでも、第一歩を踏み出すことが出来ますよ。

あなたの2023年を心から応援しています。

西洋占星術セッション

音声配信でも話しています